スポンサーリンク
お菓子作りの豆知識

重曹とベーキングパウダーの違いは?使い方や代用方法

重曹とベーキングパウダー、どちらもホットケーキやドーナツ、蒸しパンなどをふっくら膨らませるときに使うものですが違いは何でしょうか?使う材料によっては使い分けた方が良いことをご存知ですか?今回は重曹とベーキングパウダーの違いと、それぞれの特徴と使い方、代用できるかについてご紹介します。
お菓子作りの豆知識

アルミニウムの害の真偽とベーキングパウダーにアルミニウムが入っている理由

ホットケーキや蒸しパンを作るときに使うベーキングパウダーにはアルミニウム(ミョウバン)が入っていることをご存知ですか?アルミニウムはアルツハイマー病と関係があるのではないか?そんな議論が問題になったこともありましたが、最近ではこの意見も否定されています。アルミニウムの害の真偽とベーキングパウダーにアルミニウムが入っている理由について書いてみます。
簡単お菓子レシピ

【糖質オフダイエット】簡単!糖質オフのパウンドケーキレシピ

甘いものは食べたいけど、太りたくない。女子だったら誰もが願うことだと思います。うちの夫も最近お腹の出っ張りが気になっているようで、それでも甘いものが我慢できないようです。太りたくない、でも甘いものは食べたい!そんな願いを叶える糖質オフパウンドケーキのスイーツレシピをご紹介します。
お菓子作りの豆知識

臭い移りしないラップはどれ?食品ラップは材質別に使い分けよう!

焼き菓子を作ってしばらく保存したい時は全体をラップして冷凍保存、またはクリーム類を冷蔵庫に保存する場合に容器にラップを密着させたり、タルト生地をラップに挟んで伸ばしたり、お菓子作りに食品ラップは欠かせません。食品ラップには素材別に3つの種類があるってご存知でしたか?それぞれの特徴別の食品ラップの使い分け方法をご紹介します。
お菓子作りの豆知識

糖質オフダイエットにおすすめ!糖質量がわかるアプリ

痩せたいけど、食べるのを我慢したくない!特に甘いものは我慢できない!糖質オフダイエットっていうけれど、具体的にどうすればいいの?まずは無理せず1日の糖質量200gを目標にしましょう。慣れてきたら、少しずつ糖質量を減らしてみましょう。糖質は砂糖をはじめとする甘いものと、ご飯や芋類などに含まれるデンプンも糖質の仲間です。糖質が多く含まれている食物は、ご飯、麺類、パン、小麦粉、砂糖、果物などです。
簡単お菓子レシピ

簡単!糖質オフのチョコレートマフィンレシピ

痩せたいけど甘いものが食べたい!そんな時の救世主が糖質オフのお菓子。まずは1日の糖質量を200gを目標に、糖質量が増えがちなスイーツ類は糖質オフのものを適量食べるのがおすすめです。糖質オフのおやつに美味しくて簡単なチョコレートマフィンの作り方をご紹介します。糖質を抑えると血糖値の上昇が抑えられ、インシュリンの働きが緩やかになり脂肪がつきにくくなります。
お菓子作りの豆知識

あのお菓子にあう洋酒はどれ?ラム酒、ブランデー、キルシュを比較!

お菓子の風味づけに欠かせない洋酒、お菓子の魅力をさらにアップさせる頼もしい相棒です。ラムレーズンで作るバターケーキやキルシュ香るイチゴのケーキなど、洋酒はお菓子作りに欠かせません。お店に行くと色々なリキュール類が並んでいますが、たくさんありすぎてどれを使えばいいか迷う!そんなことはありませんか?こちらではお菓子作りによく使う洋酒3種類と、知っておくと便利なリキュール類についてご紹介します。
お菓子作りのコツ

生クリームとチョコレートで作るチョコレートクリーム、失敗しない作り方

生クリームでデコレーションしたケーキは誕生日や記念日に大活躍。 そのままの生クリームのケーキも美味しいですが、チョコレートクリームも美味しい!チョコレート好きにはたまりません。 泡立てすぎるとクリームが分離してボソボソとしてしま...
お菓子作りの豆知識

サバトンのマロンピューレ、マロンペースト、マロンクリーム、どこが違う?

サバトンのマロン缶、栗の下ごしらえをしなくていいから簡単にモンブランが作れてしまう嬉しい商品です。 サバトンのマロン缶といえば、マロンピューレ、マロンペースト、マロンクリームと3種類ありますが、パッケージが似ているので間違えて購入しないようにしてください。 それにしてもあの3種類は何が違うのでしょうか?どんな時に使えばいいのでしょうか?
お菓子作りの豆知識

湯せんの温度は何度がベスト?全卵を泡立てる時、チョコを溶かす場合は?

一口に湯せんといっても、何度がベストなのか迷うところですね。特に気をつけたい全卵を泡立てる時とチョコレートを溶かす時の湯せんの温度、全卵やチョコレートの温度についてまとめてみました。全卵や卵黄を泡立てる時は36℃くらい スイートチョコレートを溶かす時は50〜60℃くらい ミルクチョコやホワイトチョコを溶かす時は40〜50℃くらい
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました