【お菓子作り】家庭用電気オーブンとガスオーブンの違いは?

お菓子作りの豆知識

お菓子作りに必要な器具のひとつ、オーブン。

電気オーブンがいいのか、ガスオーブンがいいのか悩むところですが、どちらもメリットとデメリットがあります。

同じ温度で焼くと明らかに火力が違うし焼き上がりも違う。

お菓子レッスンではガスオーブンの設定温度と電気オーブンの温度両方をお話ししています。

今回は私も使用している東芝電気オーブンレンジER-RD5000と、ガスオーブンでも比較的購入しやすいリンナイのガス高速オーブン卓上タイプRCK-10ASを比較してみました。

電気オーブンのメリット・デメリット

電気オーブンのメリット

  • 購入する選択肢が多い
  • 比較的お手頃価格で購入できる
  • 簡単に設置できる
  • 電子レンジ機能がついている(場合が多い)

電気オーブンは様々なメーカーから販売されていますし、高機能機種でも10万円前後で購入できます。

価格も比較しながら型落ち機種をお値打ちに購入することができるのも魅力ですね。

また設置も購入したら、コンセントをさせばすぐに使える使い勝手の良さも魅力です。

電子レンジ機能がついている場合も多いので、色々買いそろえる必要もありません。

電気オーブンのデメリット

  • (ガスに比べて)火力が弱い
  • 予熱に時間がかかる

例えば焦げ目をつけたいグラタンなどは火力が弱いことはデメリットになりますが、お菓子作りにおいてはそれほど焦げ目をつける場面がありません。

設定温度を上げたり、焼き時間を長めに取ることで問題は解消できます。

電気オーブンに向いているお菓子

例えばシュークリームやジェノワーズなど、しっかりとした膨らみが欲しいお菓子って火力が強いガスの方がいいんじゃないの?そんなイメージをお持ちじゃありませんか?

これらのお菓子って膨らむ前に表面が強い火力で早く固まってしまうと膨らみが悪くなります。

電気オーブンは柔らかい火力(のイメージ)なので、徐々に加熱され、しっかりと焼きムラなく均一に膨らみます。

二つのオーブンを比較した場合、特にシュークリームは電気オーブンの方が良い状態で焼けます。

それでもバリッとした硬めのシュー生地の場合は火力が強いガスオーブンの方に軍杯が上がります。

卵を使わないヴィーガンジェノワーズなども、表面が早く焼き固まらないので膨らみが良いです。

その他、マカロン、プリンなども電気オーブンがおすすめです。

それから2段で焼く場合は設定温度を+10〜20℃にし、途中で天板を前後、上下で変えると焼きムラが少ないです。

 

ガスオーブンのメリット・デメリット

ガスオーブンのメリット

  • 火力が強い
  • 予熱にかかる時間が短い
  • 冬場は暖かい

ガスオーブンは火力が強いので、電気オーブンに比べて焼き時間が短くなる場合が多いです。

そして火力が強いゆえに焼き色が本当に気持ちよくつきます!

また、圧倒的に予熱時間が短いので、予熱するのを忘れてもすぐにオーブンは温まってくれます。

そして使用時の強力な火力のおかげでキッチンは何より暖かい。(冬場)

それは真夏時のデメリットでもありますが。

ガスオーブンのデメリット

  • 設置が大変(ガスの元栓が必要)
  • 値段が高い

まず家庭にガスの元栓がないと設置ができません。

ホースでガス栓につなぐ必要があるので、設置場所にも苦労します。

設置したい場所に設置できない、結構なデメリットですよね。

値段に関しては、現在の価格を調べてみると12万円前後で購入できるようなので、電気オーブンの上位機種(2段可、庫内最高温度300℃〜)は10万円ほどなので、少し高額といったところでしょうか。

ガスオーブンに向いているお菓子

バリッとした食感を出したいお菓子、サクサクした食感を出したいタルトなどが向いています。

マドレーヌなども、焼き立ては表面カリッ中ふわっと焼き上がり、素晴らしい焼き色がつきます。

パンを焼く場合はガスオーブンの方が向いていますね。

カヌレも私はガスオーブンの焼き上がりが好きです。

市販のレシピ本の多くは電気オーブンを基本に書かれているので、ガスで焼く場合は設定温度を−10〜20℃にしてください。

 

予熱は何℃にしたら良い?

オーブンの予熱は必ずして下さいね。

予熱ができていないと、お菓子のふくらみが悪くなったり、焼き色がつかなかったり、焼きすぎて乾燥する原因になります。

家庭用オーブンは扉を開けると庫内温度も一気に下がります。

設定温度の+10〜20℃で予熱しましょう。

 

まとめ

私自身も、お菓子作りにはやっぱり本格的なガスオーブンが憧れよね〜、というイメージでガスオーブンを揃えましたが、ご自宅でお菓子作りに使用するのであれば1台目は電気オーブンがおすすめです。

特徴を上げるとしたら、バリッとカリッとなどの食感や焼き色を大切にしたい場合はガスオーブンふんわり膨らみ重視の場合は電気オーブンという感じでしょうか。

使う目的、環境など、ご家庭にぴったりなもの選んでくださいね。

ガスオーブンのガラス扉の焦げ汚れは重曹パックで落とそう!
ガスオーブンのガラス扉の油汚れや焦げ付き、どうしていますか?ガスオーブンは火力が強いためにオーブンのガラス扉に油汚れや焦げ付きが残りやすくなります。シュークリームやクッキーの焼き加減を見たいけれど、ガラス扉の油汚れや焦げ付きで庫内が見えない、そんなことはありませんか?ガスオーブンのガラス扉の汚れは重曹パックできれいになります。お菓子の焼き加減を確認できるように、オーブンのガス扉の油汚れや焦げ付きををきれいにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました