【レシピ】卵1個でできる!ジェノワーズ法で作るキャトルキャール

簡単お菓子レシピ

キャトルキャールとはバター、卵、砂糖、粉を4分の1ずつ使って作るケーキ、イギリスでは全部の材料を1パウンド(ポンド)ずつ使うという意味でパウンドケーキと呼ばれています。

どちらも4つの材料を同量使って作るレシピです。

キャトルキャールはお菓子のバターケーキの基本の配合ですが、作り方によってその食感や風味が大きく変わります。

同じ材料なのに作りかたが違うだけで風味や食感が変わるなんておもしろくありませんか?

今回は卵1個でできる全卵混ぜ込み法で作るキャトルキャールの作り方をご紹介します。

ジェノワーズ法で作るキャトルキャールのレシピ

バター(食塩不使用) 60g

グラニュー糖     60g

卵          60g(大きめ1個)

薄力粉        60g

バターは食塩不使用のものを使用します。

発酵バターを使用するとより美味しく焼きあがります。

グラニュー糖は微粒子のものでも普通のものでも大丈夫です。

型はずいぶん昔に購入したマトファーのものですが、現在は販売していないようです。

こちらが一番近い型になると思います。

18センチの方の場合は材料を2倍にして作ってください。

ジェノワーズ法で作るキャトルキャールの作り方

ジェノワーズとは全卵を泡立てて作るスポンジ生地で、デコレーションケーキなどの土台などに利用されます。

全卵を泡立てて粉とバターを混ぜ込んで作りますが、出来上がりはバターたっぷりのジェノワーズのイメージです。

材料を計量したのちに以下の準備をしておきます。

  • 型に合わせてオーブンペーパーをカットして準備する
  • バターは小さめのボウルに入れて湯せんにかけて溶かしておく

1.全卵を中くらいのボウルに入れグラニュー糖を全量入れてざっと混ぜておきます。

ボウルを湯せん(50〜60℃くらい)にのせてハンドミキサーで泡立てる。

卵の温度が35〜40℃になったら湯せんから外してさらに泡立てます。

泡立てすぎはキメが粗くなります

湯せんにはバターを入れたボウルをのせて溶かしておきます。

ハンドミキサーは高速→中速→低速のイメージで、最後に低速で気泡のキメを整えます。

ハンドミキサーで泡立てる時、高速で泡立てると早く泡立ちますが気泡が大きく壊れやすいものになり、低速で泡立てると気泡は小さくなり壊れにくくなるからです。

黄色かった卵が白っぽくもったりとなって、生地を落として跡をつけるとゆっくりと消えていくくらいになればOKです。

2.泡立てた全卵を溶かしたバターのボウルにふたすくいくらい加えてしっかりと混ぜます。

この時に加えるバターの温度は生地になじみやすいように50〜60℃にしてください

それを元の卵のボウルに戻して、ホイッパーでしっかりと混ぜておきます。

3.薄力粉を振るって加え、ゴムベラを縦に動かし切るように混ぜ込んでいく

薄力粉が生地になじんできたら、ゴムベラをそこから大きく動かして生地にツヤが出るまでしっかりと混ぜる。

目安は40〜50回くらい

4.予熱したオーブンで170℃30分くらい焼く。

焼けたらすぐにペーパーごと型から外してラム酒(適量)を刷毛で塗っておく。

ラム酒はなくても構いませんが、風味も良くなるし日持ちも良くなります

ジェノワーズ法で作るキャトルキャールの特徴

全卵を泡立てて作るので焼き上がりがふんわりとします。

膨らみも大きいです。

【レシピ】卵1個でできる!全卵混ぜ込み法で作るキャトルキャール
その名の通り、クリーム状にしたバターに溶きほぐした全卵を混ぜ込んでいく方法です。バターを中くらいのボウルに入れてホイッパーでクリーム状にしておく。微粒子グラニュー糖を2〜3回に分けて加え、その都度ホイッパーで混ぜる。2.解きほぐした卵を3〜4回ほどに分けて加え、その都度ホイッパーでしっかりと混ぜる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました